漫画&アニメ大好き。普段言えない私の心の叫び集です 。(たまに日記とか入ります)内容は毎回変わります。 熱しやすく、冷めやすいですが、どうぞよろしく~☆
幼心の君~言の葉にのせて~
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ビーンズ新刊発売
2010-03-03-Wed  CATEGORY: ビーンズ文庫
「身代わり伯爵の誓約」が出ました

前回、ミレーユの正体があらわになって
ぶっとんだ第五師団の面々は最高でした!
さらに
ミレーユが気持ちを自覚し、
捨て身の攻撃(彼の命を救うため敵の花嫁に!?)
にでたところもなんともいえません!

なんという王道

新刊ではとうとうミレーユが大公妃になる決心を~

リヒャルトもとうとう熱いキッスをぶちかましてました!

「花火だけじゃなく俺のことも見て」
・・・なぁーんて耳元で囁けますか!?

すごい。鼻血スプラッシュ~

清家先生は裏切らない、お流石でございます。

いやもう、外では読めないよ。
スポンサーサイト
コメント0
「身代わり伯爵」最新刊!
2009-07-07-Tue  CATEGORY: ビーンズ文庫
「身代わり伯爵」シリーズ最新刊出ました!

先月は短編集だったから、本編がでて本当に嬉しい
もちろん、短編集も最高でしたが。
短編登場者が本編にもでていたので二重にうれしかったー

話の内容を簡単に説明すると

男女の双子がいて、父に引き取られている兄の身代わりをすることになった
パン屋の娘ミレーユ(妹)が王宮での陰謀やらに巻き込まれながらも活躍する話。
ついでに兄の親友が身代わり中の妹の護衛役をするのですが
その彼とだんだん親密になっていくっちゅう、王道乙女ラブ話。
とにかくこの二人、鈍いっていうかなんというか
なかなか素直にくっつかない。
とくにミレーユが鈍さ百倍!

でも、ミレーユとリヒャルトのじれったい場面とかが
すっごく好きで(過ぎし日の純情を思い起こさせる)
最高に乙女ゲージが上がります

他にも濃いキャラたくさんでてきます。
とくに美形(←また!)がわんさかと。
ですから美形好きな方は是非読んでみてください

最新刊では
ついにリヒャルトがミレーユに告白。
てか、求婚!?
いや、だいぶ前からアピールはしてたけど。
今回はストレートに言ったのでちょっとびっくり。

ま、ね。
ストレートでないと伝わらないし、ミレーユには。

でもリヒャルトがあんなに素直になっていろいろいうなんてー!
姉さんドキドキしちゃうよ彼は理想。

陰謀やらも少しずつ明らかになっていってます。

それにしてもこの本、外で読むの本当辛いっす!
笑わずにはよめません!
コメント0
彩雲国、外伝でたし。
2009-05-20-Wed  CATEGORY: ビーンズ文庫
彩雲国でました。
残念ながら外伝ですが。

本編はいま一気に緊迫してるから
ここらで一息つくのもいいかも。

とか、思ってたらなんと!

静蘭と燕青の過去がまるわかりできちゃう
すごい巻でした。

静蘭、すごいとは思ってたけど
母君譲りとは思わなんだ・・・。

鈴蘭の君、何者!?って感じです。

でもさすがに静蘭が不憫になりました。
もうちょっとこう我が子に愛情注ごうよー、鈴蘭。

燕青の兄が生きていたのに驚き~

殺刃族、最後まで諸悪の根源。
そしてこれが茶朔洵につながるわけですかー

薔薇姫の話も知りたかったとこなのですっきり。

次巻は本編だろうから楽しみっす。




コメント0
最近は
2009-01-28-Wed  CATEGORY: ビーンズ文庫
流行に違わず「お嬢様&執事」がマイブーム
ドラマ然り、小説然り。

「ミリセントと薔薇の約束」「アネットと秘密の指輪」
がバッチリマッチング(←まいっちんぐ ではありません (笑))

このブームはどこまで続くかなぁ

実は「ヴァン騎士」飽きてきたんだよなー

最近ハマったのに。

しかも全サに応募したというのに。

前にもまして持続力がなくなってきている・・・。

再燃焼するとは思うんだけど。

熱しやすく冷めやすい典型的な日本人だな。

ドラマだって

「魔王」の時は大野君にハマり、今「神の雫」で亀梨君にハマってる

亀梨君最高に格好いい!
そしてラブリー

ワインの勉強にもいいよね!
原作は面白い方向にいってるんだとか、ワイン通の方に聞いた。
これもドラマ見てから原作読んだほうがいいかな。
コメント0
今読んでいるのは
2008-12-28-Sun  CATEGORY: ビーンズ文庫
「紅玉の契約」です。
面白そうだと思って買ってあったけど、読むのが追いつかず
最近まで封印されていました。

しかし読み始めると一気になってしまい・・
だがまだ2冊目。
3巻買ってあるのにー!

早く読みたいけどこの年末はやることが山とあるし。
最近、風邪をひいてダウンしとったから余計に山積みに・・

「紅玉」は今までのと違って世界観が独特で最初混乱した。
だって西洋系、中華系はあんまり混ざったりしないから。

「迦楼羅」とか「迦陵頻伽」とかでてきたあとで、
「ラフェル」とか「ミカール」とか天使系は出ないでしょう!

と、個人的に思っていたので(頭固いのか?)
いささか驚き。

でも慣れれば気にならないけどね。

ああ!そういえば今日「チルドレン」を見逃した・・!!
昨日朝まで起きていたからだ。
年始前、最後だったのにー

年末年始は特番ばっかでレギュラーやらないのが不満。
昨日おきていたのは「アグリー・ベティ」を観るためだったけど
やらなかったし

コメント0


Copyright © 2017 幼心の君~言の葉にのせて~. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。